シミルデザイン

ブログ

ブログの目的は悩める人の希望になること

2019.3.7 WEBサイトのコツ

ブログのコツ
Pocket

お客さんとWEB制作の打ち合わせをしているときのこと、

 

「定期的にチラシを配布しているのですが、1年くらいチラシを溜め込んで、悩んで、ようやく電話をしてきてくれる方もいます」

 

という話がありました。

 

そのお客さんは、障がいがある方の就職を支援する福祉施設の方です。

 

1年間、電話しようか、ずっと悩まれていた。
どんな心境でしょうか。

 

 

私(岡田)は思いました。
届けなければならない人に、情報が伝わっていないこの現状を少しでも改善したいなーと。

 

世の中には情報が溢れかえっています。
必要のない情報が、必要のない人に無数に届いている反面、

 

必要な情報をちゃんと発信できていないことで、
背中をひと押しできていない現状もあるんです。

 

ブログは集客するためだけのツール?

巷では、ブログをたくさん投稿すれば、集客ができますよ!
毎日書きなさい!というWEB集客コンサルがたくさんいます。

 

そして私も「できるなら毎日でも書いた方がいいですよ!」と言っています(笑)

 

なぜなら、書いて発信しないと、わからないからです。

 

  • そのサービスに興味はあるが、申し込むまで勇気がでない。
  • 申し込んだら後悔するかもしれない。いやな思いをするかもしれない。
  • お金が無駄になり、貯金がなくなってしまうかもしれない。

 

それを、お客さんはネット上で判断しなければならないのです。

 

綺麗に整えられたチラシの原稿だけでは、判断できず。
ホームページのサービス案内だけでも、まだ信じきれず。

 

ブログの記事がなければ、一歩踏み出す勇気がでないまま、ここでストップしてしまいます。

 

ブログの記事は「信じる」後押しになるのです。

 

価格やサービスだけでない、人柄や誠実さ、雰囲気

ブログにはその人の考え方や人柄がにじみ出ます。

ライターが変わりに書くわけにもいきません。
代理で書いてしまっては、本人の本質が伝わりません。

 

1ページ、2ページ、
10ページ、50ページと読むほど、その人の考え方がわかり、
信頼が生まれます。

 

もちろん、逆もあります。

この人の言葉遣い嫌いだな、とか、
上から目線な感じやイヤとか、なよっとした感じかイヤとか、好きとか。

 

それはそれで、とても重要です。

未然にミスマッチを防げるわけですから。

 

50ページも100ページも、日常的にブログを書き続けたら、
あなたの本心、本音は伝わるんです。(隠しきれません)

 

サービスを通して、だれを助けたいのか、だれの悩みを解決したいか、
必要な人に届くんです。

 

自分の当たり前が、だれかの希望になる

よく「ブログに何を書いていいかわからない」、とサポートさせてもらっているお客さんから相談があります。

 

ふだん当たり前にやっている仕事を書けばいいんだと思います。

 

  • こんな困ってる顧客がいたので、こう対応した。
  • こう対応したら、とても喜んでくれた。
  • もっとこういう人に、こうなってもらえたら幸せ。

 

そんなブログ記事が、
必要な人に届き、不安が少しづつなくなり、
足を運んでくれるのだと思います。

 

 

ブログの1記事1記事が、悩んだだれかの希望になります。

 

まずはあなたの当たり前のこと、書いてみてはいかがでしょうか?

 

法人の方へ

WEBサイト制作のご依頼

時代にあったコンセプトのある新しいサイトにリニューアルしたい。
ブログや運用をしっかり見直して、経営者本人や社員でも想いをもって
運用できる体制を整えたい。という法人の方、ぜひご相談ください。

ご相談はこちらより

個人起業家の方へ

相思相愛WEB集客習得プログラム

Simil Designでは企業で培ったWEBマーケティングのノウハウと、独立後、ひとりWEB集客で培った経験を体系化し、
WEB集客習得実践講座をスタートしました。

ご自身でWEBづくり、WEB集客を身に付けたい方はぜひご相談ください。

相思相愛WEB集客習得プログラム

LINE@はじめました!
WEB集客などのノウハウなどを配信します。
また、気軽にご質問いただけるので、ぜひ登録してみてください!

友だち追加

 

同じカテゴリの記事

新着記事